2017年4月22日土曜日

北海道農協功労者表彰


 3月14日山下邦昭組合長は、中央会総会の席上平成29年度農協功労者として表彰されました。農協功労者表彰とは多年にわたり、献身的な努力によって組合の発展に尽力し、他の模範となるべき功績のあったものに贈られるものです。
 山下邦昭組合長は平成2年津別町農業協同組合監事に就任し、平成8年からは職務代行理事として、さらに平成20年から現在まで代表理事組合長として歴任、北海道本部農協畑作青果対策委員、オホーツク農協畑作青果対策副委員長、オホーツク農協組合長理事、北見農協連理事とに地域農業の振興に大いに寄与されたものです。

年金推進優績店舗表彰


平成28年度のJAバンクオホーツク管内の統一的取組として実施された、「年金推進強化プロジェクト」”Oh年金ネクストの「年金推進優績店舗表彰」をJA北海道信連北見支所 瀬戸支所長より贈呈されました
 管内34店舗を2つのグループに分け、各店舗の年間を通じた推進意欲の維持・向上を図る観点から「新規獲得率」を基準としたコンテストが実施され、JAつべつは、グループAの第3位を受賞いたしました。貯金共済課の年間を通じた行動計画と渉外活動の実践が実を結び、渉外の中心として活躍した川瀬係長が代表し賞状と記念品を受け取りました。
 年金推進においては年金友の会の活動を軸として、町民から親しまれ評価される金融機関を引き続き目指してまいります。

認定こども園給食へプレゼント


津別町酪農振興会(大矢根督会長)は津別町で生産された食材を地元の子どもたち食べてもらいたいと地産地消、食育活動の一環として3月8日認定こども園を訪問し「牛と共に生きる放牧酪農家の牛乳(1ℓ×15)」を贈呈しました。
長政久仁子園長は津別で生産された牛乳を子どもたちへ味わってもらって、津別町の農業への関心をもつきっかけにしていきたいと」感謝を述べて頂きました。

JAバンク発 「農業とわたしたちのくらし」教材本贈呈


平成29年度JAバンク食農教育応援事業の補助教材「農業とわたしたちのくらし」とDVDを3月21日山下組合長が宮管玲教育長を訪問し贈られました。
 この教材は小学校高学年を対象に作られDVDの説明も加わり日本の農業が分かり易く作られています。宮管教育長は「津別町の農業に触れる学習を行っている中でこの教材は、子供達や先生達にとっても大変ありがたいものです。これからも農業の大切さを学ぶ学習に力を入れていきたい」と感謝を述べられていました。

2017年3月17日金曜日

北海道農協功労者表彰




3月14日山下組合長は、中央会総会の席上平成29年度農協功労者として表彰されました。
農協功労者表彰とは多年にわたり、献身的な努力によって組合の発展に尽力し、他の模範となるべき功績のあったものに贈られるものです。
 山下組合長は平成2年津別町農業協同組合監事に就任し、平成8年からは職務代行理事として、さらに平成20年から現在まで代表理事組合長として歴任、北海道本部農協畑作青果対策委員、オホーツク農協畑作青果対策副委員長、オホーツク農協組合長理事、北見農協連理事とに地域農業の振興に大いに寄与されたものです。

2017年3月15日水曜日

平成28年度「年金推進優績店舗表彰」グループAの部 「第3位」を受賞


平成28年度のJAバンクオホーツク管内の統一的取組として実施された、「年金推進強化プロジェクト」”Oh年金ネクスト”の「年金推進優績店舗表彰」をJA北海道信連北見支所 瀬戸支所長より贈呈されました。
 これは、年金口座の獲得を管内の重点項目と位置づけ、踏み込んだ取り組みを実践することとし、人材育成・推進体制等の基盤を固め、活推進動の実効性を高めるために8つのプログラムを通じ口座数の増強を図ることを目的として実施された中の1つのプログラムとなっております。
管内34店舗を2つのグループに分け、各店舗の年間を通じた推進意欲の維持・向上を図る観点から「新規獲得率」を基準としたコンテストが実施され、JAつべつは、グループAの第3位を受賞いたしました。
貯金共済課の年間を通じた行動計画と渉外活動の実践が実を結び、渉外の中心として活躍した川瀬係長が代表し賞状と記念品を受け取りました。
年金推進においては年金友の会の活動を軸として、町民から親しまれ評価される金融機関を引き続き目指してまいります。

2017年3月1日水曜日

農業と漁業連携 玉葱・馬鈴薯購入で 「オホーツク流氷プレゼント」に多数応募


JAつべつと東都生協では今年も2016年産玉葱・馬鈴薯購入者に「オホーツク流氷プレゼント」企画を行っており、このほどJAつべつべで抽選会を行い厳正な抽選の結果応募総数300名の中から玉葱・馬鈴薯各それぞれ15名、合計30名に流氷が贈られました。

この企画は、漁業者と農業者の網走川流域を中心に交流が始まった事を機会に、2015年漁業者から網走川流域の自然を守り流域の環境負荷低減に努める農業者に対し漁師さんからの「応援証」を送る事業が始まり、初年度オーガニック牛乳を生産する津別町有機酪農研究会と野菜を中心に耕作する津別町特別栽培農産物協議会が受賞しました。

受賞を受けた農家が中心となり、特別栽培された玉葱と馬鈴薯に漁業者の「応援証」シールを張って東都生協キャンペーンとして販売。

さらに購入者プレゼントとして昨年から「オホーツク流氷プレゼント」を企画。網走漁業協同組合の協力を頂き、漂着した流氷200kgを回収し、2月24日網走漁協吉田裕次参事より特栽協議会石川剛会長が引き渡しを受け、28日には山下邦昭組合長と石川剛会長が厳正な抽選を行い、当選者に発泡スチロールに入れられた流氷が当選者に贈られました。