2017年11月17日金曜日

つべつ産業まつり

 
 
地域のイベントで農商工連携による「2017つべつ産業まつり」が、津別町の中心街さんさん館前広場で10月29日開催されました。本年度で7回目を迎えたまつりは、昼近くより降雨の中での開催となりましたが、関係機関並びにご来場の皆様の温かい声援の中、全てのイベントを終えることができました。
 主催者を代表して山下組合長は「つべつ物産まつりは7回目となりました。出来秋は立派な農産物を収穫することができ、農家の思いを汲み取って味わって頂きたい。津別町は5千人を切るような人口となっていますが、皆様と助け合いながらこの町を皆さんと共に創って行きたいと思っています」と挨拶。


 今年の参加団体は、サンマルコ食品(㈱)、㈱相生振興公社、㈱柳瀬食品店、網走川流域農業・漁業連携推進協議会など町内の団体。JAつべつの「いも・玉葱詰め放題」には、玉葱2基1300kgと男爵1基1000kgが用意され、200人以上が長蛇の列をつくる人気商品で大人気のコーナーとなりました。
 一人2枚までと制限した袋を買い求め、袋いっぱいに芋や玉葱を詰め込み両腕に抱えて持ち帰りながら「今晩はカレーライスの材料として、美味しく頂きます」と喜んでいました。


 一方、だいちとうみの会(網走川流域農業・漁業連携推進協議会)が行う「サケのハツ焼き販売」では、網走漁協青年部が炭焼きで販売し、青年部長より鮭一匹に一つしかないハツ、貴重な一品として紹介され大盛況でした、又、西網走漁協青年部はシジミ60kgを用意。お買いもの頂いたお客さんから「網走の漁師さんが直接、つべつの町民と向き合うこともなかなかないものだと」と笑顔で答えてくれました。

 平成28年度より取組として「食と農でつながる550万人サポーター作り!」ブースを本部席で特設。
 「JA2MPジェイエイジャンプ」のサポーターづくりには、JA中央会北見支所沼田次長と北海道農業公社西村課長も駆けつけてダウンロードの仕方や各種ポイント内容を説明。目標としていた50名を達成し、登録してくれたお客様に記念品を渡すことが出来ました。

 舞台会場では、「山鳴太鼓演奏」から「コメ・砂糖・たまごタイムサービス」「お楽しみ抽選会」「津別中学校吹奏楽演奏」などが行われ組合長ら役員が雨の為手渡しによる「餅まき大会」で最後締めくくられました


肥育牛部門優秀賞受賞

第14回ジェネティクス北海道黒毛和種枝肉共励会

10月7日帯広畜産公社にて第14回ジェネティックス北海道黒毛和種枝肉共励会が開催されました。共励会には全道各地より黒毛和牛肥育牛93頭の枝肉が出品され、津別からは一般の部に迫田隆さん1頭、迫田浩司さん1頭、迫田和男さん1頭が出品しました。

迫田隆さんから出品した肥育牛が書各付A5、BMS12で優秀賞を受賞致しました。

だいちとうみの会 出前授業

網走川流域農業・漁業連携推進協議会(だいちとうみの会)は10月18日、津別小学校にて食糧生産を担っている農業と漁業が、流域の繋がりや大切さを広める事を目的として出前授業を行いました。
 冒頭、本会の新谷哲章幹事長から自然の恵みと自然の大切さについて、たくさん学んで欲しいと挨拶され、授業は網走漁業協同組合青年部の方々が先生となり、定置網やサケ漁の映像を見せながら説明、子供達は網の中で飛び跳ねる大量のサケを見て喚声を上げていました。
 つづいて漁協青年部が子供たちの前でサケの解体を披露し、子供達はみんな興味津々。実際にサケに触れたり、楽しく授業を受けていました。

東京農業大学オホーツクキャンパス講演

 
10月23日(月)、JAつべつにて東京農業大学オホーツクキャンパスの菅原ゼミの学生を対象に研修が行われました。講師は有岡室長が務め、「JAつべつの農業振興方策と循環型農業と地域連帯」というテーマのもと様々な視点から、津別の特徴的な取組みについてお話されました。環境との調和に基づいた「安心・安全」な食の提供といった「津別ブランドの確立」や地域の農業の担い手を支援するための施策など、JAつべつ独自のお話に学生のみなさんも真剣な表情でした。

2017年10月17日火曜日

アソビバ!つべつ

JAつべつ青年部(金一善紀部長)は、津別町社会教育課と連携し町内小学生を対象に「アソビバ!つべつ」を組織し、野外活動を中心に「農業体験」を行っています。6月に子供たちと一緒に植えた枝豆が収穫時期を迎えこのほど小学生12名、JA青年部8名、役場社会教育2名の22名が参加して収穫作業を行いました。
作業を行う前に「枝豆のお兄さん」こと、千葉充彦さんから収穫の仕方や、作業についての注意を分かり易く説明し、子供達はお兄さん方の言う事を守り、楽しく収穫をしていました。
 収穫した枝豆は、その場で茹でてみんなで試食。味は上々で子供たちはかぶりつくように食べていました。
 「小さい頃から、農業を体験し、自分で植えて自分で収穫して、食べる。このような体験はとても貴重な体験だと思います。また、青年部としても食育を教えていく立場なので改めて勉強になります」と金一青年部長は子供たちに囲まれながら笑顔で話してくれました。
 今後のアソビバ!の活動は大豆の収穫、また大豆を使っての料理教室などを開催する予定です。

認定こども園こどもの杜へつべつ和牛とオーガニック牛乳を提供

9月4日に社会福祉法人夢つべつ認定こども園こどもの杜へ、つべつ和牛牛肉とオーガニック牛乳を、肉牛振興会副会長北野淳志さんがJAを代表し寄贈致しました。
 こどもの杜では、食育に取組んでおり、園内の敷地に畑を作り園児が野菜を育て給食の食材に取り入れたり、津別町で収穫された食材を使った給食を園児に食べてもらう活動を教育に取り入れています。今回寄贈したつべつ和牛とオーガニック牛乳も園児たちの給食として提供されます。

「働くためには健康管理を」

JAでは、四半期に一度職員全体会議が開催され、最新の情報を共有する為様々な取組が試みられています。
 今回は、9月7日JA会議室において職員40名が参加して開催されました。組合長から訓示を行い、参事より平成29年度仮決算の状況と各補助事業(加工馬鈴薯集出荷貯蔵施設等)を活用し先進的な取組状況について報告されました。続けて、北農健保組合から秋田保健師を講師として招き、テーマは「働く人の健康管理」~健康チェックと生活習慣の改善について~①JAつべつの心と身体の健康状況②ストレスと腸の関係③運動の必要性の三部体制で研修が行われました。次回は12月開催を予定してます。