2017年8月22日火曜日

第13回組合員交流会

小麦の穂一段と色づき始めあと1週間もすると収穫作業が開始される7月15日、組合員と意思疎通を図る目的で活汲28号倉庫で毎年全組合員家族対象にした「第13回組合員交流会」が開催されました。30度を超える晴天となり11時30分の受付け時刻には続々家族連れで集まりました。
 今年度の交流会を企画したのは営農組合・JA青年部・女性部・フレッシュミズ、司会進行はJA青年部市場達也、千葉佑太両氏が担当。
山下組合長より開会の挨拶を頂き、来賓には佐藤多一町長が駆けつけお祝いの言葉を頂きました。会場ではJA青年部による「おこっぺアイスクリーム」「ポップコーン」販売、相生クマヤキの販売、網走漁協提供の「ホタテ焼」イベントではJA青年部主催の「かかし我慢選手権」「100円じゃんけん」「流しそうめん」子供達に向けた「バルーンアートショー」フレッシュミズ主催の「キッズコーナー」JAによる「ヨーヨー釣り」等の様々な催しで会場いっぱいに笑い声が響く一日となりました。

JAつべつ青年部 町内草刈活動実施

町の要請を受けてJAつべつ青年部(金一善紀部長)は7月5日町内の清掃活動を行いました。実施場所は豊永のパークゴルフ周辺の草刈を実施しました。
炎天下の中、足場の悪い傾斜地を等間隔に別れて草刈に汗を流していました。参加者全員事故もなく無事に草刈を終えました。

廃プラ56t回収

町農政グループ・JA青年部・JAが協力して平成29年度第1回目の「廃プラ回収」が7月5日活汲麦乾工場広場で実施されました。作物を生産するためには様々な資材を使用されており、これらをリサイクルする為の取組として年2回の回収作業が実施されています。回収種類は農薬容器から始まり、肥料袋、サイレージ用フィルム、クロスシート、ハウスビニール、秋の回収にはタイヤ、ゴムなど多種多様な資材が持ち込まれ三者が協力して整理していきます。
 第1回目の今回は町内農業者111戸から持ち込まれた廃プラは56tと多くの量となりました。循環型農業を目指す取り組みとして組合員からは歓迎されており参加者も増加しています。2回目の回収予定は収穫がほぼ終了した11月を予定しております。

第2回ふるさと塾講義開催

JAつべつの第8次農業振興計画及び中期経営計画に基づき、津別町農業担い手となる新規就農者を対象とした「ふるさと塾」の第2回目の講義が7月20日JA本所会議室、現地圃場にて開催されました。
第2回目の講義は馬鈴薯と玉葱の2品目。講師は普及センター布目主査、今野専門普及員が務め基礎知識から生育過程、栽培管理等の講義を塾生は全員真剣に聴いて学んでいました。また、圃場での栽培技術研修では仲田幸司農業士の馬鈴薯圃場、矢作芳信指導農業士の玉葱圃場にて普及センターによる講義も行いました。 次回は甜菜、豆類を対象にたした講義を8月23日を予定しております。

2017年7月20日木曜日

農業者と漁協者の連携で植樹活動

だいちとうみの会地区主催による「大地と海をつなぐ植樹」が6月20日、網走川最上地区河川敷で関係者130人が集まり390本の植樹を行いました。会を代表して新谷哲章幹事長は、「この植樹は平成元年網走漁協が始め、平成22年から『だいちとうみの会』を立ち上げ、23年からだいちとうみの会が主催して実施するようになり、この活動が流域に定着したことはとてもうれしい」と挨拶。また、地元を代表し挨拶した津別町佐藤多一町長からは、網走川流域の環境を守って行こうと毎年行って今年で7年目となり、関係機関による参加へのお礼と数多くの樹木が植樹されたことへの感謝を述べられた。
 植樹に参加した団体は、網走漁協、西網走漁協、JAつべつ、JAびほろ、JAめまんべつ、JAオホーツク網走、網走市役所、美幌役場、津別役場、大空町役場、網走建設管理部、網走開発建設部、網走森林組合、各JA女性部・青年部など130名が参加して、ハルニレ、ヤチダモ、ケヤキハンノキ、カツラ等を植樹。交流会は会場を移動してJA倉庫において、網走産のカニを全員で味わい漁業と農業の交流を深めました。

中学2年生総合学習

津別中学校(垣内孝仁校長)2年生を対象に総合学習として、JAつべつからの申し出で始まった「農業体験学習」は今年も開始されました。今年のカリキュラムは座学と実習合せて延42時間mの計画で実施されます。
 6月9日、2年生29名を合同教室に集まり「津別町農業の実態と課題」と題して有岡敏也営農支援室長が先生となり2時間の授業を行いました。授業の内容は「JAとはどのようなものか?」「株式会社との違い」から始まり「津別町の農業の実態」や「TPPと暮らしへの影響」などの農業を取り巻く状況を説明。また、JAバンクDVD教材「農業とわたしたちのくらし」を鑑賞し農業が自分生活に身近な産業である事を説明しました。
 今後、生徒たちは5班に分かれてグループを作り、畑作農家4戸、酪農家1戸でそれぞれ3日間の農業体験学習を行い、秋には収穫した農産物を使って「料理実習」と総合学習報告会として「津別農業の課題解決策」の発表が予定されています

ふるさと塾 開校式

JAつべつの第8次農業振興計画及び中期経営計画に基づき、津別町農業の担い手となる新規就農者を対象とした2年間の「ふるさと塾」が6月19日スタートしました。今回の入塾者については第2期生となり、新たな試みで女性農業従事者の入塾、農業の基礎的な知識・技術を学んでいく取組を実施。
塾長である山下組合長からは「津別町の農業を担っていただく若い皆様には『農協』という組織に共に生きて、地域の活性化を図り発展させていく大きな役割を担っていただく事を期待したい。基礎になるのは困ったとき苦しいとき支え合うのは仲間です。その仲間づくりをこの塾で作り上げ、将来地域や農協を支える人となって頂きたい」と激励しました。
今年度の入塾生は新規就農者、法人構成員、女性農業従事者、日甜職員、役場農政担当職員、JA職員も加わり16名。初回となる講義は「小麦の生育過程と栽培技術」について普及センター今野専門普及員が務め、「JAつべつの歴史、農協改革とJAの役割」を有岡営農支援室長が講義を行いました。
 また、圃場での栽培技術講義では下川貴弘指導農業士の小麦圃場にて普及センターによる小麦の育成過程や茎数の計算方法等を実際に麦に触れ研修を行いました。
 研修の他にも入塾にあたっての目標や実現していきたいことなど皆で話し合うワークショップを行いました。