2020年7月13日月曜日

軽トラ市が始まりました!

今年も、さんさん館前広場にて軽トラ市が始まりました。
早朝の6時頃には、開催を心待ちにしていた地域のお客様が早くも集まり、花の苗や野菜の苗を買い求める行列が出来ました。又、苗の他に旬のアスパラや有機ミートソース(加工食品)の販売もありました。さんさん館では毎日ラジオ体操が行われており、ラジオ体操が終わる頃にはすべての品物が完売状態になりました。
軽トラ市は、毎週火曜日と土曜日において朝6時から7時までの約1時間ではありますが10月上旬まで開催されます。是非、エコバックを持参の上ご来場下さい。

アソビバ!つべつ JAつべつ青年部が農業体験を実施しました

JAつべつ青年部(幾島大智 部長)は、津別町の生涯学習課社会教育グループが行っている放課後子ども教室『アソビバア!つべつ』と協力し、町内の小学生を対象にした農業体験学習を開催しました。『アソビバ!つべつ』とは、津別町にある自然豊富なフィールドを活用し、放課後や週末を利用して津別町の子供達へ居場所・体験学習・異年齢交流づくりの場を提供し、郷土愛の育成を図り、子供達の自主性や協調性を育む事を目的に活動しています。
今回の体験学習は「畑づくりとかぼちゃの植付」を行い、JA青年部員と子供達が一緒になって畑の整地や、実際に植え付けをしたりと汗をいっぱいかきながら楽しんで作業に取り組みました。次回の活動は7月になりますが、子供達が植付したかばちゃを観察し、雑草取りを行う予定です。


2020年6月11日木曜日

JAつべつ新社屋が完成!

新社屋建設計画から約2年半の月日を経て、JAつべつ新社屋が完成致しました。広々とした内観、津別農業と津別町の自然をイメージしたデザインがモチーフになっております。又、5月7日にはオープニング・セレモニー(テープカット)が新社屋前にて開催致しました。残念なことに、今般の新型コロナウイルス感染症防止対策を踏まえた開催となりましたが、オープニングにあたり佐野組合長から『事務所新築を機に新たな気持ちで組合員はもとより地域に根差したJA運営を役職員一丸となり取り進めたい』との開会挨拶があり、来賓を代表して佐藤多一津別町長からは『津別町の基幹産業の中心であるJA新事務所がオープニングを迎え、併せて津別町役場庁舎も建設に向けて現在進めており、より一層JAとの連携強化を図り活気ある津別町の発展に向けて互いに協力して行きたい』とご祝辞を頂きました。
【新社屋 外観】

【エントランスホール】
【事務所】
【金融共済課 店舗】
【オープニング・セレモニー】



2020年3月16日月曜日

酪農ヘルパー募集


津別町酪農ヘルパー組合ではヘルパーさんを募集しています。
仕事内容、条件等につきましては下記よりご覧ください。ご不明な点などありましたらお気軽にご連絡をお願いします。

ご応募お待ちしております!

【仕事の内容】
  • 朝晩の搾乳
  • 牛舎の清掃
  • その他
【勤務時間及び勤務場所】
  • 一日(朝・夕)7時間(酪農家によって出勤時間に変動あり)
  • 津別町内酪農家
【休日】
  • 月5日以上(祝祭日、年末年始休暇 別)
【給与】
  • 月給制:基本給 200,000円~
  • 賞与:年1回12月支給 基本給1.0ヶ月分
  • その他手当:家族手当・住宅手当
【その他】
  • 社会保険完備
  • 性別・年齢不問
  • 普通免許要
  • 試用期間1ヶ月
  • 退職金制度有り
  • 昇給制度有り
  • 公用車有り
  • 作業着支給
【応募方法】

希望される方は、市販の履歴書に必要事項を記載の上、郵送又は持参下さい。おって面接日等通知します。

〒092-0231 網走郡 津別町字大通り33番地
津別町農業協同組合 畜産課
担当 太田 和也
TEL:0152-76-3322 

2019年2月28日木曜日

オホーツクJAグループ 新卒者採用のご案内

2021年 卒業予定の皆さま、
JAつべつが所属するオホーツクJAグループで一緒に頑張りませんか?

スケジュールは下記よりご覧ください。
エントリーシートのダウンロードはこちらです。

ダウンロード


2019年2月21日木曜日

津別町農業農政活動対策協議会総会 開催

1月30日JA会議室にて津別町農政活動対策協議会総会を開催いたしました。本協議会は農業団体と外郭団体が提携協力して農畜産物の販売価格並びに政策要請において、生産者総員参加のもと農政活動を展開し農家経済の安定と発展を目的に活動しています。
総会に先立ち、山下会長より多くの生産者の声を中央へ向け発信することの重要性と本協議会の活発な活動が更なる農業の安定に繋がると述べられました。
 平成30年度の活動報告として、「新たな畑作政策支援の確立」等に関する中央要請、農作業事故ゼロ運動への農作業安全啓発及び廃プラ回収の促進による環境保全の推進活動等について報告され、下記により平成31年度の取組みが承認されました。

女性部体力作り・家の光作品作り

12月7日(金)、JAつべつ女性部はトレーニングセンターにて体力作りを行いました。職員の指示に従いながらマットの上でストレッチを行い、その後トレーニング器具の使い方を教えてもらいました。普段トレーニングセンターに来る機会が少ないですが、これを機に今後も来てみようかな、といった声も多く上がりました。午後からは家の光作品であるつまみ細工作りを行いました。つまみ細工は、布にボンドをつけてピンセットで花びらの形になるようにつまみ、これを何個か作り合わせて花の形に仕上げます。小さなヒマワリを作る方やかんざしに付ける大きな花を作る方もいて、みなさん楽しそうに作品を作っていました。