2020年12月30日水曜日

JA事務所に自動体温検温装置・障がい者用インターホンを設置

新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、11月下旬にJA事務所入口と金融店舗入口に自動体温検温装置(非接触自動検温システム)を設置しています。新型コロナウイルスや冬場のインフルエンザ蔓延防止対策として、JA事務所に入館の際にマスクを着けたまま非接触(50Cm位装置から離れる)で、顔を表示された円の部分に近づけると数秒でご自身の体温が測定されますので、入館の際にご利用願います。 尚、既に皆様にご協力を頂いていますが、JAに入館される方のマスクの着用・手指の消毒については、今後も引続きご協力頂きます様宜しくお願いします。 また、JA正面玄関横に障がい者用のインターホン・点字・呼び鈴を設置しました。障がい者用インターホンは金融店舗内に繋がります。JAつべつは、今後とも地域社会とともに歩んで参ります。

女性部によるパン作りを実施

JAつべつ女性部(部長 迫田 彩由美)は、12月1日(火)津別町食品加工研修センターにて新型コロナウイルス感染症防止対策を実施し、部員10名が参加してパン作りを行いました。津別産小麦を使用し4回に分けて生地を作成しました。気温が低いため発酵するまでに通常より時間がかかりましたが、多くの種類のパンを手際よく成型し焼き上げました。お子さん、お孫さん、家族のために愛情いっぱいのパンが出来上がりました。

津別町農業振興計画推進委員会を開催

12月14日(月)JA会議室にて、津別町農業振興計画推進委員会を開催しました。第9次津別町農業振興計画は実施から2年が経過し、『輝く津別農業の構築を目指して』と掲げた重点項目の進捗状況について、各生産組織代表者・津別町・普及センター・農業士・JA役職員により点検と検証を行いました。開催にあたり、佐野 成昭 会長から新型コロナウイルスの問題は我々の日々の生活に多くの困難を与えているが、国民全体に『農業への関心を呼び起こさせるきっかけ』となっており、改めて農業の重要性が問われていると述べ、津別町農業振興計画は、津別町農業の更なる発展を実現する上で重要な施策を掲げており、組合員一人ひとりが自ら実践し、価値観を創造する事が大切であると示され会議が始まりました。組織の代表者からは、玉葱の施設整備について迅速に対応して欲しいとの意見や青年部が主体となる“新たなチャレンジ”作業支援体制について、ワークシェアリングのシステム化を早々に進めて欲しいとの要望がありました。閉会にあたり安部 仁 副会長からは、本委員会での意見・要望を踏まえ、時代にマッチした農業振興の実践とJA事業の執行にあたるとともに魅力ある津別町農業の確立を目指すと述べ委員会を閉じました。

営農技術懇談会を開催

12月15日(火)JA会議室にて、生産者20名出席のもと令和2年度営農技術懇談会を開催しました。例年開催している営農技術懇談会は、多様化する営農技術に関する事柄を各分野毎に講師より説明を受けました。網走農業改良普及センター美幌支所からは『津別町に於けるでん粉原料用ばれいしょ「コナヒメ」の適正施肥調査結果』ならびに『今年度の畑作物の生育概況』について報告があり、JAつべつ営農支援室木俣職員からは『圃場の排水対策と土づくり』と併せて、『土壌凍結深制御技術と土壌凍結深推定計算システム』について説明がありました。また、ホクレン北見支所営農支援室からは『スマート農業の推進・ホクレンRTKシステム』について説明がありました。

職員全体会議にて冬道運転マナー研修を開催

12月10日(水)業務終了後、全職員を対象とした職員全体会議を46名の職員参加のもと開催しました。開催にあたり、佐野組合長から令和2年度の農業情勢等の報告、『今年度については、新事務所への移転や役員改選がありました。また、新型コロナウイルス感染症拡大等により様々な分野に於いて影響がありました。これらの変化に対応すべく、組合員をはじめとする地域のニーズに対し、JAとして求められる事項を意識して諸課題に迅速に取組む必要があり、更なる意識向上が求められます』と開会挨拶がありました。岡本常務からは、12月1日~3日に実施された地区懇談会の概要を資料に基づき説明がありました。また、冬場に向けての運転マナー研修を、冬道運転の心構えや対策についてDVDを観ながら研修を行いました。さらに中西管理課長からは冬場の事務所周辺の除雪等について、全職員が協力して行う事を確認しました。

農業分野における外国人材受入研修会を開催

12月2日(水)JA会議室にて、各関係機関をはじめ、生産者・JA役員・JA管理職の16名参加のもと『農業分野における特定技能での外国人材受入研修会』を開催しました。社会保険労務士でもある杉田昌平弁護士を講師として招き、外国人材を受入する際の出入国関連法令や労働関係法令等の法律の概要や在留資格の制度や種類等について研修を行いました。

JA常勤理事と青年部・女性部・フレッシュミズとの意見交換会を開催

12月11日(金)JA会議室にて、『JA常勤理事と青年部・女性部・フレッシュミズとの意見交換会』を開催しました。JAからは、佐野組合長・岡本常務・稲部理事をはじめ各課長が出席し、青年部・女性部・フレッシュミズの各団体からは役員並びに各部員が出席しました。開催にあたり、佐野組合長から令和2年度の農業情勢・JA決算見込概要等の報告があり、岡本常務からは地区懇談会資料に基づき説明が行われました。その後、事前に各団体から提出された質問や要望事項等に基づき、3班に分かれてグループ形式で各団体から提出された事項に基づき活発な議論が行われました。各団体からの要望等を集約し、今後のJA運営並びに第10次中期経営計画・農業振興計画等の策定にあたっての指針として大変意義のある意見交換会となりました。