2021年4月12日月曜日

産地生産基盤パワーアップ事業導入に係る説明会を開催

3月19日(金)JA会議室にて、津別町スマート農業研究会主催による産地生産基盤パワーアップ事業で導入するGPS自動操舵に係る説明会を開催しました。スマート農業に取組む生産者約50名が出席し、事業内容説明では営農支援システム等の機能・操作説明があり、現地操作研修では自動操舵システムを装着した2台のトラクターに乗車し機器の操作方法を確認しました。津別町スマート農業研究会の竹原 俊博 会長は『2カ年の実証プロジェクトにより導入志向が高まっている。この取組により新たな若い就農希望者の増加に繋がって欲しい』と話していました。

生産管理営農支援システム(新apras)移行説明会を開催

3月23日(火)JA会議室にて、北農研・普及センター・日興通信・NTTデータ・スマート農業研究会役員他生産者の約60名が出席し、生産管理営農支援システム(新apras)移行説明会を開催しました。スマート農業技術の開発・実証プロジェクトに係る、日報管理・圃場管理等について、1月の説明会での要望や意見等を踏まえて4月から移行する現行aprasとの主な変更点や仕様について説明があり、実際にスマートフォンを用いてインストール方法やマスタ登録も含めて各関係機関から説明がありました。

スマート農業成果報告会議を開催

3月12日(金)JA会議室にて、十勝農試・北農研・普及センター他関係機関並びに生産者の約60名が出席し、スマート農業成果報告会議を開催しました。 営農支援室有岡審査役から経過報告があり、各種課題報告として十勝農試他から小麦可変追肥の実証結果や播種・定植・収穫実証結果等を事例を交えて報告がありました。また、スペースアグリ㈱からは、『北海道農業における衛星リモートセンシングデータ活用の取組』について説明がありました。ホクレンからは、RTKに係る利用開始までの手続きを中心に説明があり、参加者は熱心に耳を傾けていました。

JAつべつ青年部による農薬配送協力

3月23日(火)JAつべつ活汲事業所にて、JAつべつ青年部(部長 十河 孝文)による農薬配送にかかる準備作業が行われました。農薬配送準備が行われるこの時期に例年協力を行っているもので、青年部役員7名が出席し、農薬庫にて使用用途毎に数量等を確認しながらスムーズに協力を行いました。

JA職員資格認定試験合格証書授与式

3月25日(木)JA会議室にて、令和2年度のJA職員資格認定試験合格証書授与式を開催しました。当JAでは、令和元年度よりJA職員の資質や知識向上を目的として、資格認定試験合格者に対して褒賞制度を実施しています。例年以上の職員がそれぞれ希望する資格認定試験にチャレンジした結果、延べ12名の職員が合格しました。合格した各職員に佐野組合長から合格証書が授与されました。 ◎資格認定試験合格者 【初級】 上野 岳樹 【中級】 迫田 成美、林 晃子 【上級】 溝口 天清、倉下 桂輔、森井 友理子 【営農指導員】 松田 玲穂、最上 智生 【毒劇物】 最上 智生、青柳 淳子 【危険物乙四】 名和 直樹 【FP3級】 迫田 成美

農産物関連合同総会を開催

3月3日(水)JA会議室にて、津別町甜菜振興会(会長 仲田 幸司)・津別町馬鈴薯振興協議会(会長 谷 智博)・津別町大豆生産組合(組合長 堂藤 勲)の農産物関連合同総会を開催しました。各生産組織からの令和2年度事業報告・収支決算報告が承認され、令和3年度事業計画・収支予算等についても承認されました。また、津別町甜菜振興会は任期満了に伴う役員改選を行い、新会長に仲田幸司氏が再任されました。 【津別町甜菜振興会 新役員体制】 会長:仲田 幸司 副会長:有岡 淳一 副会長:山辺 一記 監事:石原 正士 監事:真鍋 宗慎

地区懇談会を開催

3月1日(月)から2日(火)の2日間の日程で、12営農組合毎3班体制にて地区懇談会を開催しました。役職員が各営農組合へ訪問し、本年度の農業情勢報告・決算状況報告・令和3年度事業計画等についての説明がされました。昨年3月の地区懇談会は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の為、止むを得ず中止とさせて頂きましたが、12月の地区懇談会に引続き開催しました。出席者のマスク着用・消毒の実施等の感染防止対策を講じた上での開催となりました。

2021年3月27日土曜日

津別町肉牛振興会定期総会を開催

2月19日(金)JA会議室にて、津別町肉牛振興会(会長 北野 淳志)は、第44回定期総会を会員並びに関係者15名の出席のもと開催しました。北野会長より新型コロナウイルス禍の御苦労をねぎらうと共に、『会員が集い交流できるようになる事を祈ります』と挨拶がありました。JAつべつ佐野組合長からは、『肉用牛販売高がJA全体の販売取扱高を押し上げて頂きました』と感謝の言葉が述べられました。また来賓として、津別町産業振興課 小泉課長、同農政係 佐藤主事から御祝辞が述べられました。会員からは、肉牛ヘルパーを取り組んで欲しい、肉用牛の地域資源を活用したい。また、ブランド力を高める為に優良雌牛の導入や精液確保を和牛改良部会で取組み願いたいとの意見がありました。 【新役員体制】  会長:北野 淳志  副会長:迫田 智治  副会長:迫田 隆(北見管内和牛振興協議会役員)  監事:迫田 浩司  監事:石井 純

JAつべつ青年部定期総会を開催

2月15日(月)JA会議室にて、JAつべつ青年部(部長 幾島 大智)は第42回定期総会を開催しました。令和2年度事業報告では、新型コロナウイルスの影響により当初計画していた活動が、中止や規模縮小を余儀なくされましたが、食農教育活動として『アソビバ!つべつ』では子供達と一緒に南瓜を作付し、調理実習を女性部とフレッシュ・ミズの協力のもと実施しました。また、広報活動として広報誌を3回発行しSNSでも青年部の活動内容を投稿しました。令和3年度事業計画では、スローガンとして『青年部盟友の活動の意識を高める』事を掲げ、JA事業への協力、交流・研修活動、食育活動を中心に取り進める方針が承認され、提案事項全ての議案について満場一致で可決承認されました。 【新役員体制】  部長:十河 孝文  副部長:柏木 豊  岡本 卓也  書記長:池田 健太  理事:迫田 祐也  松田 憲一  長瀬 加寿哉  監事:幾島 大智  市場 達也

カルビーポテト㈱地区懇談会を開催

2月18日(木)JA会議室にて、カルビーポテト㈱地区懇談会を開催しました。カルビーポテト㈱津別支所 村上支所長より昨年産の生産状況について報告があり、住友化学㈱アグロ事業部札幌営業所 菊地所長補佐からは、今年産に向けた講習が行われました。また、昨年産の品種別粗反収ベスト3の表彰が行われ、品種別の上位生産者に表彰状が贈呈されました。 〇トヨシロの部  最優秀賞 :長瀬 信一  優秀賞:藤原 英男  優秀賞:(有)仲田農場 〇スノーデンの部  最優秀賞:藤原 英男  優秀賞:谷 智博  優秀賞:(有)仲田農場 〇ポロシリの部  最優秀賞:藤原 英男  優秀賞:沢田 和利  優秀賞:(有)すばる

津別町玉葱振興会通常総会を開催

2月12日(金)JA会議室にて、津別町玉葱振興会(会長 工藤 雅史)は第49回通常総会を開催しました。令和2年度事業報告書・収支決算書が承認され、令和3年度の事業計画として、安全・安心な玉葱生産とクリーン農業の実践に取組み、地産地消を含め道外消費地への消費拡大に向け『選ばれ・求められる産地』として質・量ともに安定供給に取組む対策を柱とした具体的な実施項目について承認されました。

JAつべつ女性部定期総会を開催

2月10日(水)JA会議室にて、JAつべつ女性部(部長 迫田 彩由美)は第66回定期総会を開催しました。迫田部長から『令和2年度は新型コロナウイルスの影響により私たちの生活は大きく変わりました。女性部の活動も農作業の疲れと慣れない生活のストレスを少しでも解消出来ればと、津別町内で出来る事を中心に活動し親睦を図る事が出来ました』と開会挨拶がありました。議事に入り、令和2年度事業報告として、新型コロナウイルス禍ではありましたが、パン作りやアソビバ!つべつ調理実習等の活動を実施しました。令和3年度の事業計画として、世代別・目的別の組織作りの推進と女性部組織の充実と活性化に取組み、部員の意見を反映しながら『動く・学ぶ・創る・楽しむ』を主軸に全体活動を展開する活動計画が承認されました。 【新役員体制】  部長:迫田 彩由美  副部長:後藤 あけみ  遠藤 孝美  事務局長兼会計:千葉 房子  監事:安部 ちなみ

JAつべつフレッシュ・ミズ定期総会を開催

2月6日(土)中央公民館にて、JAつべつフレッシュ・ミズ(会長 千葉 由佳子)は定期総会を開催しました。開会にあたり千葉会長は、『今年度は新型コロナウイルスに悩まされる一年でした。行事をやるべきかやらないべきか、何度も役員で話し合いながら決定した後も、これで良かったのかと不安に思いながら過ごしてきました。後半は新型コロナウイルス対策をしながら活動し、新型コロナウイルスに感染する事なく今を迎えられてほっとしています。来年度もマスクを離さず、事故やケガに気をつけて皆さん過ごしましょう』と挨拶を述べました。議長には、河本玲奈さんが選出され議案審議に入り、提出議案は原案通り全て承認されました。 【新役員体制】  会長 :金一 和美  副会長:幾島 美幸  会計・書記:千葉 由佳子  監事:細川 砂友梨

2021年3月10日水曜日

津別町農協年金友の会定期総会を開催

2月25日(木)JA会議室にて、津別町農協年金友の会(会長 山田 照夫)は第34回定期総会を開催しました。開会にあたり山田会長から『令和2年度は、新型コロナウイルス感染症防止の観点から道外旅行等については中止となりましたが、次年度に向けて会員相互の親睦を図り、健康で明るく生き甲斐のある活動を今後も会員と共に構築して行きたい』と挨拶があり、来賓挨拶としてJAつべつ佐野組合長からは『新型コロナウイルス禍ではありますが、4月からはワクチン接種が開始されます。今年は皆様とも親睦を図れるようになる事を望みます。また、日頃より会員拡大に向けて御尽力を頂き感謝申し上げます』と述べられました。議長には下川 敏章氏が選任され提案事項全ての議案について、満場一致の拍手を持って可決承認されました。また、役員改選にあたり、本総会をもって退任される4名の役員の方々に感謝状と記念品が手渡されました。 【新役員体制】  会長:山田 照夫      副会長:仲田 實  上山 勉  役員:柏木 茂  竹内 武二  幅口 功  古澤 秀明  監事:村田 芳江  佐藤 正明

2021年2月13日土曜日

JAつべつ・網走漁協・西網走漁協青年部交流事業を開催

1月29日(金)網走湖にて、令和2年度の3組合青年部交流会が開催されました。昨年は、津別町布川 ㈱柏葉ファーム様にて開催しましたが、本年度は網走が当番となり、網走湖における氷下漁(わかさぎ)視察、コネクトリップでの昼食を兼ねたデコ巻き作りとわかさぎの天婦羅の試食、わかさぎ釣り体験を行い交流を図りました。 ちなみに、釣り体験の結果は、網走漁協の角田氏が79尾で一番となりましたが、和気あいあいの中、引き続き協力関係を強化する事で終了致しました。

つべつ"take action"ミーティングを開催

12月17日(木)JA会議室にて、第2回津別町農業振興プロジェクト会議(仮称)を開催しました。今回の会議では、会員29名が2班に分かれて津別町農業の課題点を挙げてワークショップを行いました。会員は各々多くの課題点を挙げ、一人ひとり意見を発表しました。2つの班で共通していた課題は『労働力』・『鳥獣害』・『居住』・『6次化』・『人材育成』の項目が共通していました。 今後は、今回の会議で課題に挙がった項目に対して、どの様に行動に移し対策を検討し、更に課題を深堀りする協議を予定しています。 会議終了後、本プロジェクトの名称を選定し『つべつ“take action”ミーティング』に決定しました。take actionとは、『行動に移す』という意味があり、津別町農業発展のために小さな事でも行動に移し取組む意味を込めてこの名称となりました。

営農組合連絡会議総会を開催

1月19日(火)JA会議室にて、第16回営農組合連絡会議総会を開催しました。 令和2年度事業報告・収支決算報告、令和3年度事業計画・収支予算が全会一致で承認可決し、併せて新役員体制が決定しました。

≪新役員体制≫

会長 清野 友浩(第1営農組合)

副会長 細川 博行(第5営農組合)・河本 純吾(第11営農組合)

≪令和3年度事業計画方針≫

①営農組合の地域振興方策  ~地域振興の基本理念~   自分達の手で地域農業を活性化し、農地流動化や地域行事の維持を図り、   地域の活力創造プランによる地域共同の営農活動を推進する。

②営農組合の活動推進  ・地区懇談会への出席督励  ・廃プラ回収に係る未提出者への督励  ・組合員交流会検討委員会への参画  ・視察研修の実施  ・『組合員との対話運動』の取組  ・だいちとうみの会(網走川流域の会)行事への参加(一斉清掃等)

③営農組合の再編  再編に向けた各地区の実情と必要性を検討継続

女性部・フレッシュ・ミズ合同「豆腐と味噌作り講習会」を開催

JA女性部(部長 迫田 彩由美)とJAフレッシュ・ミズ(代表 千葉 由佳子)は、新型コロナウイルス感染症対策を講じながら、1月20日(水)に豆腐作り、1月26日(火)には味噌作り講習会を津別町食品加工研修センターにて開催しました。 2年振りの豆腐作りでしたが、手際良く作業が進められ、参加したフレミズ会員も作業工程を写真に撮ったり熱心に豆腐作りに取り組んでいました。出来上がった豆腐は、柔らかくて美味しいと家族にも好評でした。また、味噌作り講習会では、昨年よりも量を増やし90kgの大豆で味噌を作りました。女性部が中心となり作業が行われ愛情たくさんの味噌が出来ました。

フレッシュ・ミズ「アルバムカフェ」を開催

JAフレッシュ・ミズ(代表 千葉 由佳子)は、1月23日(土)JA会議室にて、アルバム大使である溝口幸恵氏を講師に迎え、『アルバムカフェ』を開催しました。 『アルバムカフェ』は写真を使ったアルバム作りの楽しさを伝えるもので、マスキングテープやスタンプ・飾りを使って、額の中に写真を配置します。飾りの種類も多く選ぶだけでワクワク楽しい気分になります。 出来上がった写真立ては、お子様の笑顔が溢れる素敵な作品になりました。

酪農振興会地区懇談会が開催されました

1月20日(水)、21日(木)JA会議室にて、津別町酪農振興会(会長 大矢根 督 会員21名)は、酪農振興会地区懇談会を開催しました。令和2年度酪農振興会活動の総括、令和3年度の課題と改善方策について意見交換を行い、活動総括では新型コロナウイルスまん延防止のため、酪農家同士の接触を避ける目的で例年の活動が中止となりました。家畜防疫については、石灰帯、消毒槽等の設置を継続して取組みます。新規就農者の織田夫妻、酪農ヘルパー組合新規採用の大島専任ヘルパーが加わり、会員の要望や課題を把握し、生乳増産対策と飼料基盤の整備に向けて取組む事を確認しました。

津別町農業における労働力不足への報告会を開催

1月28日(木)JA会議室にて、JA北海道中央会北見支所・ホクレン北見支所・北見工業大学他関係機関並びに生産者の計17名が出席し、『津別町農業における労働力不足への対応課題』についての最終答申に係る説明・報告会を開催しました。北海学園大学 経済学部 宮入 隆 教授を講師として、中間報告内容による調査結果からの現状や農業労働力不足の構図と課題、さらに『新たな人材』受入の為の体制整備と課題について説明並びに報告が行われました。